投資用ワンルームマンションの手引き|成功するコツ

リフォーム

効果的な留守宅の活用法

転勤などで空き家となった住宅を第三者に貸し出すことを、リロケーションといいます。管理の手間が省ける上に、家賃収入が得られるといったメリットがあるので、近年日本でもよく耳にするようになりました。リロケーションをするには、専門の業者に依頼しましょう。トラブルに強い業者であれば安心です。

男性

人気の不動産投資です

民泊が注目されairbnbも日本で少しずつ人気が出てきました。海外から来る旅行者に限らず、国内居住者の利用も増えています。airbnbの運用は代行業者にお任せできます。運用から掃除まで全てを代行するサービスもありますしお掃除だけお任せできるプランもあります。

アパート

マンションの経営術

不動産投資の特徴として、投資している不動産を担保に入れることによって金融機関からの借り入れを行うことができる点があります。マンション経営で大切なこととして空室の発生を防ぐことと修繕費用を抑えることを挙げる事が出来ます。

小口の資金を活かす方法

空き部屋

1000万円前後の初期投資で家賃収入が得られるのが、投資用ワンルームマンションを活用した資産運用の特徴です。地域によって物件価格が多様であり、地方都市であれば500万円以内の投資用ワンルームマンションを探すことも簡単です。安定した家賃収入を得ることを目的にする、個人投資家の間で人気があるのは、高利回りが実現可能な中古物件です。また入居中のオーナーチェンジ物件を買う方法もありますが、空室の投資用ワンルームマンションを格安に手に入れるのが、プロのテクニックです。空室物件を手放したいと考えるオーナーとの交渉を通じて、大幅に価格を下げてもらうこともできるので、購入後は高利回りが実現できるでしょう。しかし空室物件を買ったときには、最初にリフォーム工事を行うのが理想的であり、特に人気のあるキッチンや浴室に取り換えることが重要です。リフォーム物件には賃料を高めに設定できるメリットがあり、空室であっても入居者の募集がスムーズに行えるでしょう。初めて投資用ワンルームマンションを買う人は、長期保有を前提に物件を選びますが、経験者は5年後の売却を視野に入れて購入対象を厳選するケースが多いです。将来的な値上がりが期待できる地域を選び、高い流動性が確保できる定番の物件を購入するのが、マンション投資の基本です。数年後に保有する物件を売却して利益を得た後は、更に質の高い物件を購入するのが、不動産投資の次のステップです。