女性

美容外科でシミケア

カウンセリング

沢山あるシミ治療

睡眠不足や不規則な生活、紫外線などの影響からメラノサイトがメラニン色素を生んでシミができます。シミは放置しておくと濃くなったり、面積が大きくなったりするので、気が付いたら早いうちにケアをすることが大切です。美容外科には複数のシミ取り治療があり、医師やカウンセラーが問診をして一人ひとりにあったメニューをいくつか提案してくれます。治療ごとに効果や通院回数や費用がまったく違うので、予算や都合、最終的にどんな肌質を求めるかをはっきり決めておくことが大事です。ほとんどの人は痛いのが苦手なので、できれば痛くなくシミ取りをしたいと考えているはずです。そういう人は、治療する前に麻酔をしてくれるクリニックを選ぶことをお勧めします。麻酔代は別に請求されますが、痛みがないので安心してシミ取りができます。ただし、麻酔クリームや麻酔テープなどは効果が出るまで30分ほどかかるので、多少治療時間が伸びるということは念頭に置いておく必要があります。治療をしてすぐにメイクや洗顔をしたい、顔に傷あとを残したくないという人は多いです。そういう人に向いているのが光治療です。フォトフェイシャルやフォトRFなどの光治療は、ほぼノーダウンタイムでノーリスクです。多少ひりひりしたり赤くほてったりすることもありますが、数時間すればたいていおさまります。光治療はニキビ跡や毛穴の開き、しわやたるみにも効果があり、コンスタントに治療を続ければ肌質が女優並みに向上します。マシンを使うシミ取り治療が苦手な人には、状況に応じて飲み薬や塗り薬を処方しています。シミ取り効果がある飲み薬が、ビタミンC系の薬やトラネキサム酸です。決められた量を毎日飲むだけでいいので、忙しい人でも手軽にシミケアができます。塗り薬ではハイドロキノンが処方されます。ハイドロキノンはトレチノインをブレンダーとして混ぜて使うのが一般的です。一日一回シミがある部分に塗布すれば、数日で赤くなり、しだいに皮がむけてシミが薄くなっていきます。使い方を間違えると火傷跡のようにただれになるので、使用前に医師や看護師から使い方をしっかりレクチャーしてもらうことが大切です。美白効果がある有効成分を配合した、クリニックオリジナルローションやクリームなどを購入できる美容外科もあります。医師お墨付きのドクターズコスメで、市販の美白化粧品よりも高い美白効果が期待できます。コスメ系はスキンケアをしながらシミ取りをしたい人にお勧めです。